株式会社カナック

company profile 沿革・ISO

沿革

株式会社カナック (旧関西電業株式会社)(昭和21年~)

昭和21年9月 電灯電力配電工事及び電気機械器具の販売を目的に香川県高松市内町53番地に関西電業株式会社を設立
昭和29年3月 建設業登録(建設大臣)電気通信工事業、管工事業の登録
昭和35年7月 電気通信設備工事部門を分離し、関西通信建設株式会社を設立
昭和60年1月 建設大臣(一般建設業)土木工事業許可を取得
昭和60年10月 徳島県板野郡松茂町に徳島出張所を移転
昭和61年4月 本社を現在地(香川県高松市三谷町136番地)に移転
平成8年1月 建設大臣(特定建設業)電気通信工事業許可及び土木工事業許可を取得
建設大臣(一般建設業)消防施設工事業許可を取得

旧関西通信建設株式会社(昭和35年~平成8年)

昭和35年7月 関西電業より電気通信設備工事部門を分離し、電気通信設備工事の設計・施工を目的に香川県高松市花園町1197番地1に関西通信建設株式会社を設立
(分離に伴い、高知出張所等を継承)
昭和35年12月 建設業登録(建設大臣)電気通信工事業の登録
昭和38年5月 本社社屋を香川県高松市天神前161番地に移転
昭和44年1月 本社社屋を香川県高松市三条町111番地1に新築移転
昭和47年5月 協和電設株式会社(現:株式会社協和エクシオ)と技術提携
昭和49年3月 建設業法改正(登録制から許可制へ改正)による建設業許可 (建設大臣(特定建設業)電気通信工事業許可)を取得
昭和55年11月 建設大臣(特定建設業)土木工事業許可を取得
昭和57年5月 高知出張所を支店に昇格
昭和61年3月 本社を香川県高松市三谷町136番地に移転
平成6年3月 建設大臣(一般建設業)電気工事業許可を取得
平成8年2月 関西通信建設株式会社及び株式会社カンサイの2社を吸収合併し、商号を株式会社カナックに変更
  (合併に伴い、高知支店を引き継ぐ)
平成10年10月 株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
平成11年12月 建設大臣(特定建設業)塗装工事業許可を取得
平成13年2月 国土交通大臣(特定建設業)とび・土木工事業許可及び舗装工事業、鋼構造工事業、しゅんせつ工事業許可を取得
国土交通大臣(一般建設業)造園工事業許可を取得
平成13年5月 国土交通大臣(特定建設業)建築工事業許可を取得
平成14年8月 国土交通大臣(一般建設業)機械器具設置工事業許可を取得
平成21年8月 株式交換に伴い上場廃止
平成21年9月 株式交換により株式会社協和エクシオの完全子会社となる
平成21年10月 香川技術センタ(旧香川事務所)と丸亀技術センタを統合し、丸亀技術センタを香川技術センタに改称
平成24年4月 エコアクション21認証取得
平成24年6月 NTTのエリア再編に伴い香川技術センタ(丸亀市飯野町)を丸亀技術センタに改称するとともに、香川技術センタを本社内(高松市三谷町)および小豆島技術センタを小豆郡土庄町に設置
平成24年10月 香川技術センタ(高松市三谷町)を香川総合技術センタとして高松市林町に移転
平成25年4月 安全品質推進協議会発足
平成28年7月 徳島出張所を移転。徳島市東大工町3丁目16(徳島三木ビル6階)
平成28年8月 「事業所まるごと健康宣言」認定
平成30年9月 三谷地区コミュニティ協議会と大規模災害時における避難所提供に係る確認書を締結
平成30年11月 高松営業所を新設
令和2年4月 通信インフラ部を開設

ISO

平成10年11月 電設部ISO9002認証取得
平成11年6月 建設部ISO9002認証取得
平成12年1月 通信部ISO9002認証取得
平成12年9月 通信部ISO9002の組織を通信部及び関連事業所(高知支店)に改定
平成14年12月 ISO9001:2000の認証取得
(電設部、建設部、通信部、安全品質管理部、営業管理本部及び高知支店)
平成20年7月 ISO9001:2000の供給する製品又はサービスを改定
(電気関連施設・空調設備・給排水衛生空調設備の施工、土木構造物の施工、印刷面の欠陥検出装置の製造)
平成22年1月 ISO9001:2008の供給する製品又はサービスを改定
(土木構造物の施工及び電気関連施設・空調設備・給排水衛生空調設備の施工)
平成30年3月 環境事業本部 ISO14001 認証取得

BCP

平成24年3月 四国建設業BCP等審査会(災害時事業継続力審査)認定取得
平成25年11月 香川県建設業BCP審査会(災害時事業継続力審査)認定取得
  • 新卒採用
  • 中途採用